一般財団法人労務行政研究所


 

 【3月15日開催!!】
『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』の山口 周 氏が登壇!
 論理と理性だけでは競争に勝てない時代に必要な「美意識」とは?

 

『HRイブニングセッション』は、 “次世代人事パーソン”を目指す皆さんに向けて労務行政研究所が提供する、

[各界の第一人者による講演+参加者交流会]のイベントです!

 

今回のセッションでは、『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』 (光文社新書)で、

「HRアワード」2018 書籍部門最優秀賞、「ビジネス書大賞2018」準大賞を受賞した、

コーン・フ ェリー・ヘイグループ シニア・クライアント・パートナーの山口 周 氏をお招きします。

 

不確実で曖昧な現代において、分析や論理、理性といった科学的なビジネスアプローチだけでは、

他社との競争に勝つことは容易ではありません。イノベーションを起こし、市場をリードするためには、

消費者の欲求を見極め唯一無二のストーリーを描く能力が求められます。

美意識を通じて鍛えられた観察眼や、現状への批判的精神などが、かつてなく重要になっているのです。


これからの時代においてイノベーションを起こせる人材を育成するために、人事パーソンとして

できることは何かを考える、注目のセッションです!

 

■講演概要

「論理と理性で競争に勝てない時代に、美意識がもたらすメリットとは」

 

1.論理的・理性的な情報処理スキルに偏った経営の限界と対処法  

2.美意識が企業活動にもたらす効果

3.美意識を鍛える方法

4.人事担当者としてどのようなコミットメントが可能か

 

■講師

・山口 周  氏

コーン・フェリー・ヘイ グループ  

シニア・クライアント・ パートナー 

 

  

※詳しいプロフィールは本ページ下 にてご紹介しています。

 

 

■開催日時

2019年3 月15日(金)19:00~21: 00

 

■会場

東京都品川区西五反田3-6-21 住友不動産西五反田ビル3階

一般財団法人労務行政研究所 セミナールーム

 

※お申し込み締め切りは2019年3月14 日(木)です。

(応募者多数の場合は、規定人数となり次第、応募を締め切らせていただきます)

 

■参加費用:5,400円(税込)

  下記URLよりお申し込み下さ い。

※お申し込み受付は終了いたしました。

 

※弊社競合となるサービスをお持ち の企業様の参加をご遠慮いただく場合があります。

※お申込み後のキャンセルは受け付けておりません。
※荒天・その他の諸事情により、やむを得ず開催を中止または延期させていただく場合がございます。

 

 

【こんな人におすすめ】

・時代の先端を行く専門家・経営者の考える、今後の人材マネジメントに必要な分野の要諦を

 直接聞いてみたい方

・実務分野の専門知識だけではなく、人事業務に関連する分野の最新動向を知り、

 視野を広げたい人事パーソン

・会社の枠を越えて、人事分野の今後の変化にアンテナを向ける意欲的な人事パーソンと交流し 、

 ネットワークを構築したい方

・夕方~夜間の時間を有効活用して、知見を深めたい人事パーソン

 

 

【当日のプログラム】

18:20 -19:00  開場~受付

19:00 -20:15  講演:山口 周 氏

20:15 -21:00  講師へのご質問、参加者交流会

(名刺をお持ちの上、ご来場ください)

 

 

【講師プロフィール】

・山口 周(やまぐち・し ゅう) 氏
コーン・フェリー・ヘイ グループ  

シニア・クライアント・パートナー 

 

1970年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科卒業、同大学院文学研究科美学美術史学専攻修士課程修了。

電通、ボストン・コンサルティング・グループ等を経て、組織開発・人材育成を専門とする

コーン・フェリー・ヘイグループに参画。現在、同社のシニア・クライアント・パートナー。

専門はイノベーション、組織開発、人材/リーダーシップ育成。

著書に『劣化するオッサン社会の処方箋~なぜ一流は三流に牛耳られるのか~』『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』『天職は寝て待て――新しい転職・就活・キャリア論』『世界で最もイノベーティブな組織の作り方』『外資系コンサルの知的生産術――プロだけが知る「99の心得」』(以上、光文社新書)、『武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト』(KADOKAWA/中経出版)、『知的戦闘力を高める  独学の技法』(ダイヤモンド社)、『外資系コンサルのスライド作成術――図解表現23のテクニック 』(東洋経済新報社)など。