一般財団法人労務行政研究所


※本セッションへのお申し込み受付は終了いたしました 

 

【11/22締切】 慶應義塾大学大学院経営管理研究科 岩本 隆氏がHRテクノロジー時代に求められる、人事パーソンの新たな能力・要件を語る! HRイブニングセッション@五反田 第4回開催!

 

『HRイブニングセッション』は、“次世代人事パーソン”を目指す皆さんに向けて労務行政研究所が提供する、[各界の第一人者による講演+参加者交流会]の夜間講座イベントです!

 

11月27日(月)開催の第4回セッションでは、慶應義塾大学大学院経営管理研究科 特任教授 岩本 隆氏 がご登壇し、注目を集めるHRテクノロジー活用は日本企業をどう変えるか、その時に求められる人事パーソンの新たな能力・要件とは何かを語っていただきます!!

 

外資系グローバル企業での最先端技術の研究開発や研究開発組織のマネジメントの経験を活かし、慶應義塾大学大学院経営管理研究科(KBS)では「産業プロデュース論」を専門領域とする岩本氏。一方で、経済産業省およびIoT推進ラボが主催するHR-Solution Contest で運営委員会委員兼審査員長を務めるなど、「HRテック」領域の第一人者としても有名です。

人事領域に大きな環境変化をもたらしつつある「HRテック」の今後を考える上で、必須の講座です!

 

【講演概要】

 

「「HRテクノロジー活用は日本企業をどう変えるか、
そしてその時に求められる人事パーソンの新たな能力・要件とは何か」

  

[1]テクノロジーがもたらす人事業務のパラダイムシフト

[2]日本におけるHRテクノロジーの状況と予測

[3]HRテクノロジー時代に人事パーソンに求められる新たな能力・要件

 

【講師】岩本 隆 氏

 慶應義塾大学大学院経営管理研究科(KBS) 特任教授

 

■開催日時

   2017年11月27日(月)19:00~21:00

 

■会場

  東京都品川区西五反田3-6-21 

  住友不動産西五反田ビル3階
  一般財団法人労務行政研究所 セミナールーム 

 

■参加予定者数 30名

  ※お申し込み締め切りは11月24日(金)です。

   (応募者多数の場合は、規定人数となり次第、応募を締め切らせていただきます)

 

■参加費用 5,400円(税込み)
 ※本セッションへのお申し込み受付は終了いたしました

 

【こんな人におすすめ】

 

・HRテクノロジーの今後の変化を把握し、環境激変下で人事パーソンとして進化を図りたい方

・時代の先端を行く研究者・専門家の考える人材マネジメントの要諦を直接聞いてみたい方

・実務分野の専門知識だけではなく、人事業務に関連する分野の最新動向を知り、視野を広げたい人事パーソン

・会社の枠を越えて、人事分野の今後の変化にアンテナを向ける意欲的な人事パーソンと交流し、ネットワークを構築したい方

・夜間の時間を有効活用して、知見を深めたい人事パーソン

 

 【当日のプログラム】

 

18:20-18:50  開場~受付開始

19:00-20:20  講演:岩本 隆 氏

20:20-21:00  講師へのご質問、参加者交流会(名刺をお持ちの上、ご来場ください)

 

【講師プロフィール】

岩本 隆 氏

慶應義塾大学大学院経営管理研究科(KBS) 特任教授

 

 東京大学工学部金属工学科卒業。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)工学・応用科学研究科材料学・材料工学専攻Ph.D.。日本モトローラ株式会社、日本ルーセント・テクノロジー株式会社、ノキア・ジャパン株式会社、株式会社ドリームインキュベータ(DI)を経て、2012年より現職。(株)ドリームインキュベータ特別顧問、山形大学客員教授、(一社)ICT CONNECT 21理事兼普及・推進ワーキンググループ座長、HRテクノロジー大賞審査委員長他。

 外資系グローバル企業での最先端技術の研究開発や研究開発組織のマネジメントの経験を活かし、KBSでは、「産業プロデュース論」を専門領域として、新産業創出に関わる研究を実施。HR-Solution Contest 運営委員会委員兼審査員長を務める。
 著書に『HRテクノロジー入門―AI・ビッグデータで加速する働き方改革と人事変革』(ProFuture)、『ロビイングのバイブル』(プレジデント社)、『経営を変える、攻めの人事へ』(HRプロ)がある。

 

【お申込みについて】

 

請求書支払い