一般財団法人労務行政研究所


トップページ > 調査・研究報告 > 3.11 大震災以降の職場と個人の実情に関するアンケート

3.11 大震災以降の職場と個人の実情に関するアンケート

民間調査機関の () 労務行政研究所 ジンジュール編集部では、ビジネスパーソンを対象として「3.11 大震災以降の職場と個人の実情に関するアンケート」を実施し、東日本大震災からまもなく1年を迎える現時点での地震・災害への備えや、職場内での変化、ボランティア参加の実情などについて調査した。

これによると、勤務先の企業・団体で行われている震災対策の現状を、6割のビジネスパーソンが「不十分」と評価している。

 

なお、詳細は添付ファイルでご覧ください。

PDF:【ジンジュール独自調査】3.11 大震災以降の職場と個人の実情に関するアンケート