一般財団法人労務行政研究所


 

 【9月10日開催!!】
合理的な選択の結果、なぜ組織は間違うのか?

日本的リーダーの『失敗の本質』と『成功の本質』とは?

 

『HRイブニングセッション』は、 “次世代人事パーソン”を目指す皆さんに向けて労務行政研究所が提供する、

[各界の第一人者による講演+参加者交流会]のイベントです!

 

今回のセッションでは、日本型組織分析におけるロングセラー『組織の不条理――日本軍の失敗に学ぶ』(中公文庫、2017年)の

著者で、慶應義塾大学商学部教授の菊澤研宗氏をお招きします。

 

企業が不祥事・倒産といった事態に陥ると、「トップやリーダーの意思決定」に対して批判的な目が向けられがちです。しかし、

多くの場合、トップやリーダーが合理的な選択をしてきた結果なのです。そこには、組織の行動原理が、そもそも不条理である

という現実があります。リーダーは組織の不条理化をどのように回避し、成長へつながる意思決定を行うことが できる組織を

いかにして作ればよいのか? 注目のセッションです!

 

■講演概要

「人事パーソンが学ぶべき日本的リーダーの条件:『失敗の本質』と『成功の本質』」

1.三つの馬鹿げた失敗事例

2.日本型組織の「失敗の本質」にある「組織の不条理」――不条理発生メカニズム

3.三つの事例をめぐる組織の不条理分析

4.組織の不条理を回避するための「成功の本質」(1)――「ダイナミック・ケイパビリティ」とは

5.組織の不条理を回避するための「成功の本質」(2)――「続ダイナミック・ケイパビリティ」とは

※講演内容は、当日一部変更する場合がございます。

 

■講師

・菊澤 研宗(きくざわ・けんしゅう)氏

慶應義塾大学 商学部 教授

  

※詳しいプロフィールは本ページ下にてご紹介しています。

 

 

■開催日時

2019年9月10日(火)19:00~21: 00

18:20 -19:00  開場~受付

19:00 -20:15  講演:菊澤 研宗 氏

20:15 -21:00  講師へのご質問、参加者交流会

(名刺をお持ちの上、ご来場ください)

 

■会場

東京都品川区西五反田3-6-21 住友不動産西五反田ビル3階

一般財団法人労務行政研究所 セミナールーム

 

※お申し込み締め切りは2019年9月9日(月)です。

(応募者多数の場合は、規定人数となり次第、応募を締め切らせていただきます)

 

■参加費用:5,400円(税込)

下記URLよりお申し込み下さい。

※お申し込み受付は終了いたしました。

 

 

※弊社競合となるサービスをお持ちの企業様の参加をご遠慮いただく場合があります。

※お申込み後のキャンセルは受け付けておりません。
※荒天・その他の諸事情により、やむを得ず開催を中止または延期させていただく場合がございます。

 

 

【こんな人におすすめ】

・最先端の専門家・経営者が考える「今後の人材マネジメントの要諦」を聞いてみたい方

・人事の実務知識だけでなく、関連分野の動向を知り、視野を広げたい方

・情報感度が高く意欲的な社外ビジネスパーソンと交流し、ネットワークを構築したい方

・夕方~夜間の時間を有効活用して、知見を深めたい方

 

 

 

【講師プロフィール】

菊澤 研宗(きくざわ・けんしゅう)氏
慶應義塾大学 商学部 教授

 

慶應義塾大学商学部卒業。慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程修了。 ニューヨーク大学スターン経営大学院客員研究員(1993~1994年)、 カリフォルニア大学バークレー校客員研究員(2012~2014年)。

専門領域は経営学、組織の経済学、比較コーポレート・ガバナンス論、 ダイナミック・ケイパビリティ論。

主な著書に、『組織の不条理――なぜ日本企業は日本陸軍の轍を踏みつづけるのか』(ダイヤモンド社、2000年)、『比較コーポレート・ガバナンス論』(有斐閣、2004年)、『組織は合理的に失敗する』(日経ビジネス文庫、2009年)、『戦略の不条理』(光文社新書、2009年)、『ビジネススクールでは教えてくれないドラッカー』(祥伝社新書、2015年)、『組織の不条理-日本軍の失敗に学ぶ』(中公文庫、2017年)、『ダイナミック・ケイパビリティの戦略経営論』(中央経済社、2018年)、『成功する日本企業には「共通の本質」がある ダイナミック・ケイパビリティの経営学』(朝日新聞出版、2019年)などがある。